ポケモン頑張るブログ

メインはトリプルで記事を書いていきます!Twitter@meisumineu

【シーズン17 トリプルレート】メタグロスボンバー構築 準伝、天候無し 1800到達PT【ポケモン】

色々初見殺しPTを考えては満足な戦績を残せず非常に辛かったので
最初に組んだPTの一部を変えて潜ったところあっという間に1800到達

戦績は1803 40勝22敗 このPTを使い始めたのが22勝19敗からだったため
18勝3敗と言う事になります。

ちなみに負けた試合は
エルフテラキドーブルに1回
サーナイト軸の強いPTに1回
カメックス軸にジャローダが入った強いPTに1回 と言う感じです。


前の記事からの変更はテラキオンの1点のみ

 

カメックス@メガストーン
げきりゅう
 
 
ひかえめ 186(252)-x-120-150(252)-125-99(4)
 
 
ヤミラミ@オボンのみ
 
ねこだまし/イカサマ/よこどり/さきおくり
 
わんぱく157(252)-x-139(252)-x-86(4)-70
 
 
メタグロス@いのちのたま
 
アイアンヘッド/れいとうパンチ/まもる/だいばくはつ
 
いじっぱり 187(252)-205(252)-151(4)-x-110-90
 
前回から岩雪崩を冷凍パンチに変更 ただ結局使わなかった。
アムハンとかバレパンのほうが使う場面が多く面白いと思った。
 
爆発の威力を書いてなかったので書いておこうと思う。
 
H4メガガルーラ          86.1%~102.2%
H252メガガルーラ       73.5%~87.2%    手助け込み 110.3%~130.1% 
H4霊獣ランドロス     103%~121.8%
H252霊獣ランドロス 86.7%~102.5%
H252ニョロトノ          100.5%~118.2%
HB特化ニョロトノ      68.5%~81.2%     手助け込み 103%~121.3%
H252モロバレル       94.1%~111.3%
HB特化モロバレル   62.8%~74.6%      手助け込み 94.5%~111.7%(68.8%)
H252クレセリア        59%~70%            手助け込み 88.1%~104.4%
HB特化クレセリア     44%~51.9%        手助け込み 65.1%~77%
H4キリキザン           55.3%~65.2%      手助け込み 82.9%~97.8%
H4ヒードラン             44.3%~52%        手助け込み 65.8%~78.4%
H252ヒードラン         37.3%~43.9%     手助け込み 55.5%~66.1%
H252メガクチート      41.4%~49%        手助け込み61.1%~72.6%
 
基本硬い相手で打つのはこいつら
サンダーやスイクンなども硬いがあまり居ないので省略
ただ配分次第では手助け込みで耐えられる
 
 
ムシャーナ@メンタルハーブ
テレパシー
 
 
のんき 223(252)-x-138(164)-128(4)-126(84)-30

 

ニンフィア@こだわりメガネ
 
 
ひかえめ 189(148)-x-86(8)-177(248)-151(8)-93(100) V-x-V-U-U-V
 
前回から努力値振りを大分変えました
Sは検索で出てきたニンフィアの素早さ+1 足が速くなりましたが、トリル下でニョロトノに抜かれるようになりました。
 
 
ファイアロー@あおぞらプレート
 
 
ようき 153-133(252)-91-x-90(4)-252 
 
テラキオンからの変更点 通常時+トリル下で上から動ける打点が欲しいと思い採用
鋼タイプが重いのでフレアドライブも欲しかったが、どの技も外せない上にそこまで火力も無いのでやめた。
 
 
 
基本選出は
 
 
相手にドーブルが居る場合
ヤミラミ メタグロス ファイアロー しかしどうあがいてもドーブルはきつい
ちなみにファイアローは守るが無いため良く爆発に巻き込まれます
ここがテラキと違う点ですね
 
 
いゆ雨やそれに近い構築の場合
ヤミラミ ニンフィア ムシャーナ 相手にクレッフィが居る場合はヤミラミで横取り 壁がもらえます
 
 
 
エルテラドーなどの叩きは分かりません
良い初手があったら教えてください
 
他にも相手への刺さり具合によってカメックス アローの並びだったりがあります。
ただ基本は上記の選出です。あまりにも刺さりが悪い場合のみ変更と言う形で。
 
前回にも書きましたが辛いポケモンを変更点以外コピペで
変更点には赤丸でも書いておきます。
 
 
 
・ゴースト全般


大爆発が通らないので非常に厳しいです。
また、ゴーストタイプはアイアンヘッドの通らないポケモンが比較的多い感じがするのでメタグロスが腐ってしまいます。
一応ゴースト対策でカメックスに悪の波動を入れてますが1体でカバーしきれるものでも無いので厳しい事には変わりないです。

・はがね全般

上記と同じ理由

リザードン

上を取られてしまうのでトリルを挟みたいのですが、その後守るをされる確率が高くなるので
択ゲーを強いられてしまいます。

ドーブル

このPTはダークホール対策が出来て無く、ねこだましやトリル下で先に動くしかありません。
ねむり対策はした方がいいと思いました。

ニンフィア

メタグロスで処理できなかった場合、残り5体のポケモンで処理するには厳しいポケモンです。
また、トリル展開で上を取られる場合があるのでそこも厳しいです。
アローでの圧力やニンフィアの同側勝負に勝てる確率が上がったため前ほど厳しくはない
ただし、制圧力が十分にあり、特防も高いため慎重に立ち回るのは変わらない。

メガクチート

トリル下でのS順が曖昧だったり、こちらからタイプ一致抜群を与えられるポケモンが居ないので
厳しいです。ちなみに眼鏡ニンフィアの手助けめざ地でH252メガクチートが確定1発です。
自分はこれで1度倒しました、しかし技固定や後出しの場合処理が出来ないので厳しいポケモンとなっています。
テラキの格闘技ゴリ押しも無くなったため余計きつい

・エルフテラキ

ドーブルやアローが取り巻きに居る場合が厳しい エルフテラキ自体はねこだまし、さきおくり、トリルなどのS操作があるためそこまで辛くはない。
アローにより択は増えた 

キリキザン

メタグロスムシャーナを倒すことが出来るので、初手に出されると安定択が無く非常に厳しい。
キザンが居た場合は初手グロスを出さないのが一番の解決策だと思います。
B特化ならムシャーナが落ちないため努力値振りを見直せばワンチャンはある



アローに変えたところであまり辛いポケモンは変わっていない

ただし追い風を入れたことにより勝利方法が1つ増えた
これにより勝ち試合を増やすことができ、レートの向上にも繋がった。

爆発でアローを巻き込むことも多いがアローは大事に扱うべきですね。
爆発する前にアローを交換してヤミラミムシャーナを出すのがいいでしょう。


ORAS最終シーズンと言う事で人が少ない中、せめて1800は乗せたいと思い頑張りました。
このPTは軸が大爆発なため一気に複数匹のポケモンを処理する考え方を取っています。
その為非常に考えることが少なく、楽な上にそこそこ強いPTになったと思います。

エルフテラキにボコられたりと何とも言えない所も多いですが概ね満足です。

何かあったらツイッター@meisumineu までどうぞ